header

エントランス

注目の展示品
  • 東京オリンピック第1号ポスター
  • 東京オリンピック第1号ポスター

  • 20種あまりのポスターデザインの中から亀倉雄策[かめくらゆうさく]氏のデザインが採用された。 亀倉氏はこのデザインについて次のように記している。
    「単純でしかも直線的に日本を感じさせ、オリンピックを感じさせる、むつかしいテーマであったが、 あんまりひねったり、考え過ぎたりしないように気をつけて作ったのがこのシンボルです。
    日本の清潔なしかも明快さと、オリンピックのスポーティな感動とを表してみたかったのです。」
    (『東京オリンピック組織委員会回報二号』「オリンピックシンボル」60年6月)

  • 東京オリンピック第2号ポスター
  • 東京オリンピック第2号ポスター

  • 第1号ポスターにつづいて、第2号ポスターも亀倉雄策[かめくらゆうさく]氏の製作である。
    第1号ポスターのデザインとは異なり、迫力のあるものを作ろうとの意図から、“写真”が使用された。当時、写真を撮影後に加工する技術はなく、背景を黒くするために真夜中の競技場で撮影するなど、それまでにない、大がかりな撮影となった。
    苦労して出来上った写真は60枚におよび、その中の1枚がこのポスターに採用された。

▲ TOPへ